ステロイドホルモン、テストステロン値を高めるために

肥満状態はテストステロン値が下がり、女性ホルモンのエストロゲン値が上がる。


肥満の方で、どうもやる気がでない、トレーニングで限界からあともう一回挙げてやるといった気持ちが出ない場合にはテストステロン値が下がっている場合があります。その際、前回お話しした通り、ナッツ類やオリーブ油を摂りましょう。その他栄養が摂れており、睡眠がしっかり摂れている事が前提条件ですが。


確かに有酸素運動は筋肉を分解する行為で、有酸素運動はなるべく控えてダイエットした方が、絞りきれますし、絞りきるまでに訪れるプラトーを遅くさせれる、より美ボディを実現できるのは事実ですが、あまりにも肥満でやる気も出ないんだよな~、テストステロン値が下がってるかもと考えられる場合には、筋トレと並行して有酸素運動もしっかり行う事が人によっては特策かもしれません。テストステロン値が高いほど、『よし、やるぞー』といった気持ちになるものですが、低いとそうはならない、仕方がないのかもしれません。


脂肪食を一日の総摂取カロリーの20%以下になると男性の場合、テストステロンの生成が抑制されるみたいです。


なぜ、低脂肪食がテストステロンの生成を抑制するかというと、テストステロンはステロイドホルモンであり、ステロイドホルモンはコレステロールの原料である脂肪から作り出され、精巣で複数の酵素によってテストステロンに変換される。原料となる脂肪食が足りていないとステロイドホルモンは作られず、テストステロンに変換されないとの事。コレステロールは身体に悪い、飽和脂肪は身体に悪いというのは古いとされており、適度に摂取すべきである。



まとめ


・肥満すぎる場合は有酸素運動を取り入れるのもアリ

・ナッツ類、オリーブオイルを使用する

・脂肪食を一日の総摂取カロリーの20%以下にならないようにする

・最低睡眠時間7時間は摂る、ハードトレーニングされる方は8時間寝る

・ビタミン、ミネラルを初めしっかり栄養を摂る



ビリーフ古川ジム


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

寝る時は例外もありますが、基本仰向けで寝ましょう。仰向けが筋肉、神経、関節を休ませるのに最も適した寝方です。反り腰だから上向いて寝れないなど注意です。横向いて寝れば、肩は潰されて肩が前に出る形になり、脊柱の歪みが起き、骨盤は左右にズレが起きてきます。...

体内に取り入れた酸素は、約2パーセントが活性酸素に変化します。この2パーセントは呼吸している以上、防ぎようがらないです。活性酸素の発生が多すぎると、体内の細胞が傷つき、ガン細胞に変異してしまいます。 電磁波を浴びるたびに、体内では活性酸素がより多く生まれてしまいます。スマホ...

テストステロンの生成に役立つのは脂質 中でもナッツ類、オリーブオイル! テストステロンの生成にはフィッシュオイルは影響しない。 トランス脂肪酸は逆にテストステロン値を下げるみたいです。