top of page
  • 執筆者の写真BFG null

トレーニング内容はメモした方がいい⁈


トレーニングの原理の1つに「過負荷の原理」というものがあります。これは、「トレーニング効果を得るためには、すでにもっている能力を刺激できる負荷でなければならない」ということです。

また、トレーニングの5原則の1つに「漸進性の原則」というものがあります。これは、「体力の向上に従って、負荷も余々に(漸進的に)上げていく必要がある」ということです。

たとえば、30kgのバーベルを10回挙上できるのがやっとだった方も、適切な頻度でトレーニングを継続していけば、10回以上の回数を挙上できるようになります。

しかし、自分のなかで「30kgx 10回」と決めてしまって、それ以上に負荷や反復回数を上げずにいると、それ以上の成長が見込めなくなってしまいます。

トレーニングでは、「この負荷で今日は何回挙上できるか?」と毎回チャレンジする気持ちで行うと、同じ負荷でも挙上できる回数が増えます。しかし、何もロの負荷で何回挙上したかをメモしていなければ、自分の成長はわかりません。

トレーニング内容をしっかりメモしていれば、ノートを見返していくと過去より現在のほうが同じ重さでも多くの回数を挙上できた

り、逆にトレーニングの頻度が低下しているときなどは挙上回数が下がったりと、そのときの調子がわかり、調子に合わせて負荷を調整することができるようになります。

また、過去より現在のほうが挙上回数や重量が上がっていれば成長がわかってモチベーションも上がるでしょうし、成長していなかったり下がったりしていれば、その原因を考えてトレーニングプログラムを修正することもできるようになります。

トレーニング種目、重量、セット間休憩、回数、睡眠時間、セット数などのメモをとることはオススメです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食物繊維の重要性

食物繊維の重要性 食物繊維は炭水化物の一種ですが、人間の体内ではほとんど消化吸収されず、エネルギー源にはなりにくいものの、腸内で重要な役割を果たします。 食物繊維には、水に溶ける「水溶性食物繊維」と水に溶けない「不溶性食物繊維」の2種類があります。 豆類、穀類、野菜、きのこ類に多く含まれる不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収して膨張し、腸を刺激して便通を改善する効果があります。 一方、海藻類に多く含

ダイエット、ボディメイクにビタミンが有効か⁈

ビタミンは体内で十分に合成できないため、食事から摂取する必要があります。 ビタミンは、生理機能を活性化する酸素の補酵素として働き、糖質、脂質、タンパク質の代謝を助けるなど、人体の機能維持に欠かせない栄養素です。 ビタミンは、水に溶けない脂溶性ビタミンと、水に溶ける水溶性ビタミンに分類されます。 水溶性ビタミンは水に溶けやすい性質を持っています。 ビタミンは主に野菜や果物から摂取されますが、レバーや

3つのエネルギー代謝活動

3つのエネルギー代謝活動 人間がエネルギーを摂取する手段は食事に限られますが、エネルギーの消費に関しては、主に「基礎代謝」「生活活動代謝」「食事誘発性熱産生」 という3つの代謝活動が行われています。 これらを全部足した総計が人間の消費エネルギー量となります。 1. 基礎代謝(約60%) 基礎代謝は、生きるために必要なエネルギーの消費量を指します。 体を動かさない状態でも行われ、筋肉量が多いほど増加

ความคิดเห็น


bottom of page