甘いお菓子、ジュースで老けるスピードが早まります。。。

終末糖化産物AGEを含む食べ物は、皮膚から神経を老化させます。スナック菓子、せんべい、クッキー、ドーナツ、ケーキ、ジュースなど。

依存性はブドウ糖より強いため注意です。

これまた、最近ダイエットに励む主婦様が、『私はクッキーを控えるようにしてますが、子供には買ってあげてます』••••10年後、20年後、同じように苦しむはめになる事が予測できるのに。

量と頻度を摂生すれば良いでしょうが、間食=お菓子ではなく、間食=タンパク質、ビタミン、ミネラルなど3食では足りない栄養摂取、栄養補給という位置づけにしましょう。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肥満状態はテストステロン値が下がり、女性ホルモンのエストロゲン値が上がる。 肥満の方で、どうもやる気がでない、トレーニングで限界からあともう一回挙げてやるといった気持ちが出ない場合にはテストステロン値が下がっている場合があります。その際、前回お話しした通り、ナッツ類やオリーブ油を摂りましょう。その他栄養が摂れており、睡眠がしっかり摂れている事が前提条件ですが。 確かに有酸素運動は筋肉を分解する行為

テストステロンの生成に役立つのは脂質 中でもナッツ類、オリーブオイル! テストステロンの生成にはフィッシュオイルは影響しない。 トランス脂肪酸は逆にテストステロン値を下げるみたいです。