top of page
  • 執筆者の写真BFG null

筋トレで成長ホルモン分泌量が増える⁈


「成長ホルモン」とは、体の成長を促進するために分泌されるホルモンであり、脳の脳下垂体前葉から分泌されます。

このホルモンはタンパク質の合成や骨の成長を促進する働きがあり、191個のアミノ酸が結合したタンパク質の一種です。

一般的に、成長ホルモンの分泌量は10代で最も多くなり、20代以降は加齢に伴い減少します。

この減少には個人差があり、急激に減少する場合もあれば、徐々に減少する場合もあります。

しかし、成長ホルモンの分泌量は成長期を過ぎても人為的に増やすことが可能です。


特に、運動やトレーニングが効果的であり、高強度の筋トレは成長ホルモンの分泌を促進します。

成長ホルモンは、主にIGF-1(インスリン様成長因子-1)を介して体の成長を促します。 

IGF-1は、成長ホルモンが肝臓に作用することで合成・分泌される成長因子で、筋トレなどによって成長ホルモンの分泌量が増加すると、それに伴ってIGF-1の産生も増えます。

そしてIGF-1を介して筋肉の合成が促進されるのです。


つまり、成長ホルモンの分泌量が増え、筋肉の合成が活発になっている時に、タンパク質を摂取することで筋肉の合成効果を高めることができます。



現在、ビリーフ古川ジムでは身体を変えたいと本気で考えている方のご入会を受け付けております🤭

お問い合わせはInstagram DMやLINE@ @293waysa 、ホームページ問い合わせフォームからお願い致します。


インスタグラム


ライン@





閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

3食+間食がなぜ必要か⁈

適切な栄養バランスの摂取は、体づくりの基本です。 三食で必要なエネルギーと栄養素を摂ることが大切ですが、それだけでは不足する場合もあります。 そのような場合には、間食を取ることも一つの方法です。 間食の主な目的は以下の三つです。 まず、運動前後のエネルギー補給です。 空腹状態では効果的なトレーニングができませんので、運動の1〜2時間前に糖質を摂ることが必要です。 次に、増量を目指す場合のカロリー摂

Comentários


bottom of page