top of page
  • 執筆者の写真BFG null

筋トレ チーティング効果は有り?無し?

チーティングは効果があるのか?

チーティングとは?

「チーティング」は、「不正行為」という意味の言葉ですが、筋トレにおいては、反動を利用して鍛えたい筋肉以外の筋肉も使って、重りを上げる方法を指します。

例えば、上腕二頭筋を鍛えるバイセップスカールを行う際に、肘以外の関節を動かさないようにして行えば、上腕二頭筋だけをターゲットにしてエクササイズすることができますが、上腕二頭筋だけでは扱える重量が限られます。

一方、膝や関節、背中まで使ってバイセップスカールを行うことで、より大きな力を発揮できるため、扱える重量が増えます。

もし、バイセップスカールで1kgでも重い重りを上げることが目的であれば、チーティングは有効な方法と言えます。

ただし、上腕二頭筋に集中した負荷をかけたいのであれば、ストリクトなフォームで肘だけを曲げて重りを上げる方が良いでしょう。

チーティングの有効な使い方

筋肥大を目指す筋トレにおいても、チーティングをうまく利用する場面があります。

例えば、疲労でエクササイズを続けることができなくなった場合、補助者が挙上を手伝ってくれることで、継続的に運動を続けることができます。これを「フォーストレップ」と呼びます。

もし補助者がいない場合でも、チーティングを使うことで、ストリクトでは継続できなくなったエクササイズを続けることが可能となります。

例えば、バイセップスカールをストリクトなフォームで行い、疲労で挙上できなくなったところからチーティングを使ってさらに数レップを続けることで、狙った筋肉にさらなる負荷をかけることができます。

初心者もチーティングを使うべきか?

チーティングは適切な使い方をすれば筋肥大に役立つ方法ですが、初心者の方にはまずストリクトなフォームで狙った筋肉にしっかりと負荷をかけることをお勧めします。

すべてのレップでチーティングを使ってしまうと、狙った筋肉に効果を発揮することが難しくなってしまいます。

まずはストリクトなフォームを覚えてトレーニングを続け、中・上級者になった時や補助者がいない場合に、適切にチーティングを活用することを検討してみてください。


いつもご利用頂きありがとうございます😊

お問い合わせ・ご予約お待ちしております。



インスタグラム


ライン@


ホームページ




最新記事

すべて表示

食物繊維の重要性

食物繊維の重要性 食物繊維は炭水化物の一種ですが、人間の体内ではほとんど消化吸収されず、エネルギー源にはなりにくいものの、腸内で重要な役割を果たします。 食物繊維には、水に溶ける「水溶性食物繊維」と水に溶けない「不溶性食物繊維」の2種類があります。 豆類、穀類、野菜、きのこ類に多く含まれる不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収して膨張し、腸を刺激して便通を改善する効果があります。 一方、海藻類に多く含

ダイエット、ボディメイクにビタミンが有効か⁈

ビタミンは体内で十分に合成できないため、食事から摂取する必要があります。 ビタミンは、生理機能を活性化する酸素の補酵素として働き、糖質、脂質、タンパク質の代謝を助けるなど、人体の機能維持に欠かせない栄養素です。 ビタミンは、水に溶けない脂溶性ビタミンと、水に溶ける水溶性ビタミンに分類されます。 水溶性ビタミンは水に溶けやすい性質を持っています。 ビタミンは主に野菜や果物から摂取されますが、レバーや

3つのエネルギー代謝活動

3つのエネルギー代謝活動 人間がエネルギーを摂取する手段は食事に限られますが、エネルギーの消費に関しては、主に「基礎代謝」「生活活動代謝」「食事誘発性熱産生」 という3つの代謝活動が行われています。 これらを全部足した総計が人間の消費エネルギー量となります。 1. 基礎代謝(約60%) 基礎代謝は、生きるために必要なエネルギーの消費量を指します。 体を動かさない状態でも行われ、筋肉量が多いほど増加

Comments


bottom of page