top of page
  • 執筆者の写真BFG null

筋トレ マンネリ予防法

マンネリを防ぐためのトレーニングメニューのポイント

停滞期に入ってしまった場合、エクササイズプログラムを変更することが効果的です。

同じプログラムを続けていると、体が慣れてしまいます。

効果的なプログラムで筋トレを続けていても、体が慣れると効果が薄れてしまいます。停滞期(プラトー)に陥った場合は、エクササイズプログラムに変化を加えてみましょう。

定期的に「トレーニング目標」を変える

筋トレの目標は大きく4つあります(筋持久力、筋肥大、筋力、筋パワー)。筋肥大を目指してトレーニングしている場合、エクササイズプログラムに変化を加えるために、定期的にこのトレーニング目標(負荷)を変えるのも効果的です。

筋肥大を目指す場合、目標のレップ数は、最大限の力で8〜12回、中・上級者は6〜12回行える負荷になります。

「トレーニング強度」に変化を加える

同じ部位を週に2〜3回トレーニングする場合、高強度日と低強度日を設定して、トレーニングの強度を変えることも効果的です。週に複数回同じ部位を高強度で鍛え続けると、オーバーワークになる可能性もありますが、強度を変えることで、高頻度で同じ部位を鍛えることができます。

例えば、月曜日と木曜日に同じエクササイズを行う場合、月曜日は高強度日として、限界までの負荷で8回行い、木曜日は低強度日として、限界までの負荷で12回行います。まだ余裕があるうちに終わるため、物足りなさを感じるかもしれませんが、疲労困態まで行ってしまうと、低強度に設定した意味がなくなってしまいますので、ご注意ください。

まとめ

マンネリを防ぐためには、トレーニング目標や強度を変えてみることが重要です。


インスタグラム


ライン@


ホームページ



最新記事

すべて表示

アミノ酸スコアってなに⁈

食事においてタンパク質を摂る際には、できるだけ良質なタンパク質を含んでいる食材を選ぶことが重要です。 良質なタンパク質を選ぶ基準として、肉や魚介類、大豆食品、卵、乳製品などがあります。 ただし、タンパク質の含有量だけではなく、良質なタンパク質かどうかを判断する際には、アミノ酸スコアという指標も覚えておくと良いでしょう。 アミノ酸スコアは、体内で十分に合成されない必須アミノ酸の含有率を算出し、点数化

三大栄養素について

皆さん、こんにちは! 更新頻度が低くてすいません🥺 本日は三大栄養素の働きについてです。 三大栄養素の働き 人間にとって最も重要な栄養素は、糖質(炭水化物)、脂質、タンパク質の三大栄養素です。 食事の摂取カロリーは、これらの栄養素のカロリーの合計で計算されます。 三大栄養素はエネルギー源として機能します。 三大栄養素である「糖質、脂質、タンパク質」は、それぞれ共通の役割と異なる働きを持っています

Comments


bottom of page