top of page
  • 執筆者の写真BFG null

筋肥大とダイエットの両立は可能なのか?

筋肥大させたい場合、エネルギー収支をプラスにしておく必要があります。ダイエットでは反対に、エネルギー収支をマイナスにする必要があります。そのため、筋肉量を増やすのにエネルギー収支をマイナスにするのは効率的です。

筋肥大とダイエットでは食事の摂り方が変わってくるため、同時進行では非効率になります。この場合、どちらの優先順位が高いのかで適切な方法が変わります。

「筋肉も増やしたいけど、できるだけ早く体脂肪を減らしたい」というダイエットを優先したい場合は、エネルギー収支をマイナスにしながら筋トレを行う方法がよいでしょう。結婚式や同窓会、何かの撮影などでやせておきたい日がせまっている場合は仕方がありません。

最終的にはダイエット目的であっても特に期限が決まっていない場合、まずはエネルギー収支をプラスにして筋肉量を増やし、その後にダイエットを始めることをおススメします。そのほうが効率的に筋肉量を増やせて、ダイエットをする際には増えた節肉量のおかげで多少でも基礎代謝が上がり、痩せやすくなりますし、リバウンドがしにくい身体になるはずです。

筋肥大ではエネルギー収支をプラスに、ダイエットではエネルギー収支をマイナスにする必要がありますので、筋肉量を増やして身体を絞るには、筋肥大のための増量期とダイエットのための減量期を設けることをおススメします。

増量期と減量期のどちらも、毎日体重を測って記録をつけます。

増量期では少しずつ体重が増えているかを確認し、変わらない場合や減っている場合には食事の量を増やします。

減量期では逆に、計画通りに体重が減っているかを確認し、変わらない場合や増えている場合には、食事面・運動面の両面から理由を探って対策をしましょう。

トレーニングをされた事が有るor無い状態からのダイエットなのか、現在の肥満具合、痩せないといけない時期が決まっているか否か、

様々な観点から考慮し、いきなりダイエット(減量期)に入るか、増量期からスタートするのかを決めます😉

トレーニングをされた事がなく、綺麗に夏までに痩せたいという場合、実は春からのスタートでは遅いのです。

夏に良い身体になっていたい場合、一旦筋肉を増やす時期を考慮しますと、秋、冬からトレーニングをスタートした方が良いでしょう✨



お問い合わせ・カウンセリング予約

・instagram DM アカウント名belief_furukawa_gym

・line@ @293waysa

・ホームページ問い合わせフォーム




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アミノ酸スコアってなに⁈

食事においてタンパク質を摂る際には、できるだけ良質なタンパク質を含んでいる食材を選ぶことが重要です。 良質なタンパク質を選ぶ基準として、肉や魚介類、大豆食品、卵、乳製品などがあります。 ただし、タンパク質の含有量だけではなく、良質なタンパク質かどうかを判断する際には、アミノ酸スコアという指標も覚えておくと良いでしょう。 アミノ酸スコアは、体内で十分に合成されない必須アミノ酸の含有率を算出し、点数化

Comments


bottom of page