高気圧酸素カプセルとは⁈

高気圧酸素カプセルとは?


カプセル内(通常の生活気圧:約1.0気圧)を上昇させた高気圧状態(通常気圧1.0 気圧→1.3→1.4→高加圧) に上げ

カプセル内で約1時間程度過ごすことにより、通常の呼吸で得られるよりも多くの酸素を末梢の細胞に取り込むシステムです。

酸素カプセルの開発話については諸説ありますが、元々は海外で無重力の環境に滞在する宇宙飛行士の健康管理や体力の維持の目的等で研究・開発が進みました。

日本では約15年前から鍼灸院や整体院の市場に治療機器として広がり、スポーツ選手のケガへの治療やリハビリメニューの1つとして認知されるようになりました。

特に注目を集めたのがサッカーワールドカップでベッカム選手がケガからの回復で使用したとされ、その後奇跡的に回復したベッカム選手が大会で活躍した話が有名です。

その後、日本国内でもプロスポーツ選手を始め、有名選手や芸能人が使用しているとメディアで頻繁に取り上げられるようになり、急速に一般の方にも認知されるようになりました。

次回は[酸素カプセルの原理とは]です🌿


酸素カプセルサロン

ビリーフ古川ジムオーツーリカバリー

2023年2月オープン予定🎊




#ビリーフ古川ジム

#ビリーフ古川ジムオーツーリカバリー

#大阪酸素カプセル

#大阪酸素カプセルサロン

#豊能酸素カプセル

#北摂酸素カプセルサロン

#能勢電鉄沿線酸素カプセルサロン

#光風台

#新光風台

#箕面森町

#猪名川町

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示