top of page
  • 執筆者の写真BFG null

Untitled



💡 アスリートが減量を行う主な理由としては、格闘技などの体重別階級制競技で、普段の体重よりも減量して軽い階級に出場することにより、体格で不利な状況にならないようにするという理由があります。

この場合、規定の体重まで落とさなければ試合に出場できませんので、まずは体重そのものを落とすことが目的となります。この場合でも、できるだけ筋肉量を維持して体脂肪を減らし、コンディションを落ときずに減量することが理想です。

しかし、普段から練習やトレーニングで身体を動かしていて体脂肪量も少ないアスリートがそれ以上に減量するとなると、体脂肪を減らすだけでは間に合わず、軽量前に水抜きをして体重を減らす方法も取り入れられています。

アスリートの場合は、計量にパスして試合に出場できれば減量は終了となりますので、減量には「期限」があります。

💡 一般の方のダイエットの目的

一般の方がダイエットをする目的は、メタボリックシンドロームの予防・改善など健康のための場合や、美しい・カッコいい身体をつくるボディメイクなど見た目をよくする場合が考えられます。

目標とする体重や体型を手に入れたら、その後も維持することが重要です。

人間の身体には、ホメオスタシス(恒常性)といって、身体の状態を一定に保つ機能が備わっています。

また、ダイエットで減らしたい体脂肪は飽食の時代といわれる現代では悪者扱いされがちですが、飢餓を生き抜くために余ったエネルギーをため込み必要な時に利用するという、人類が進化の過程で手に入れた機能があります。

短期間で急に体脂肪が減ると、人間の身体は大事な貯蔵エネルギーである体脂肪がそれ以上減らないように代謝を落とし、食べたものを脂肪として蓄えようとします。短期間で大幅に体重を落とすダイエットを行うと、このような機能により、ダイエットをやめた途端にリバウンドしてしまいます。

一般の方のダイエットでは、長い時間をかけてゆっくりと体脂肪を落としていくほうがリバウンドのリスクも低く、健康的です。

リバウンドしにくいダイエットのペースとしては、3ヶ月に体重の5%程度が推奨されます。

1ヶ月に体重の5%以上の減量は体調、ホルモンバランスの崩れ、リバウンドしやすい身体になるなどデメリットがあるので注意です😌




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

食物繊維の重要性

食物繊維の重要性 食物繊維は炭水化物の一種ですが、人間の体内ではほとんど消化吸収されず、エネルギー源にはなりにくいものの、腸内で重要な役割を果たします。 食物繊維には、水に溶ける「水溶性食物繊維」と水に溶けない「不溶性食物繊維」の2種類があります。 豆類、穀類、野菜、きのこ類に多く含まれる不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収して膨張し、腸を刺激して便通を改善する効果があります。 一方、海藻類に多く含

ダイエット、ボディメイクにビタミンが有効か⁈

ビタミンは体内で十分に合成できないため、食事から摂取する必要があります。 ビタミンは、生理機能を活性化する酸素の補酵素として働き、糖質、脂質、タンパク質の代謝を助けるなど、人体の機能維持に欠かせない栄養素です。 ビタミンは、水に溶けない脂溶性ビタミンと、水に溶ける水溶性ビタミンに分類されます。 水溶性ビタミンは水に溶けやすい性質を持っています。 ビタミンは主に野菜や果物から摂取されますが、レバーや

3つのエネルギー代謝活動

3つのエネルギー代謝活動 人間がエネルギーを摂取する手段は食事に限られますが、エネルギーの消費に関しては、主に「基礎代謝」「生活活動代謝」「食事誘発性熱産生」 という3つの代謝活動が行われています。 これらを全部足した総計が人間の消費エネルギー量となります。 1. 基礎代謝(約60%) 基礎代謝は、生きるために必要なエネルギーの消費量を指します。 体を動かさない状態でも行われ、筋肉量が多いほど増加

Comentarios


bottom of page