top of page
  • 執筆者の写真BFG null

マシントレーニングとフリーウェイトトレーニングのメリット


🟢マシントレーニングのメリット

ジムに行けば、「チェストプレス」「ラットプルダウン」「レッグカール」などのトレーニングマシンが数多く並んでおります。

バーベルやダンベルなどを用いた「フリーウェイトトレーニング」と「マシントレーニング」を比較した際のそれぞれのメリット❗️

マシントレーニングは、そのエクササイズを行う専用のマシンとなり、マシンを動かす方向が決まっています。

バーベルやダンベルのように誤って落下させる危険性がないため、トレーニングをはじめて行う初心者の方でも失敗するリスクが少なく、安全に行いやすく、又、動かす方向が決まっていることでフリーウェイトと比較してエクササイズテクニックの習得に時間がかからないことも、初心者の方にはメリットといえるでしょう。

心理的にも、フリーウェイトより恐怖感がなく実施できると思いますので、初心者の方が1人でトレーニングをする際にも安心して行えますね。

また、マシンはフリーウェイトと比べて安定した状態で行えるため、自力で姿勢を維持する必要性が低く、主働筋に集中してエクササイズを実施することが可能です。

🟢フリーウェイトトレーニングのメリット

バーベルやダンベルなどを用いたフリーウェイトトレーニングでは、動かす方向に制限がなく自由な動作が可能となりますので、エクササイズに多様性をもたせることが可能です。

同じエクササイズでも、どの関節を主に動かすかによって、動員する筋肉をコントロールできるため、高度なエクササイズテクニックをもつ上級者の方にとっては、目的に合わせてフォームをカスタマイズすることができます。

(例えばバーベルスクワットで膝関節よりも股関節を使って行うと大腿四頭筋よりも臀部やハムストリングスに効きやすくなり、反対に股関節より膝関節をより働かせて行うと大腿四頭筋に効かせやすくなります。)

また、マシンと比べてフリーウェイトの場合は、自力で姿勢を安定させながら動作を行う必要があるため、マシントレーニングよりも多くの筋肉が動員されます。

太りにくく、痩せやすい身体を手に入れるために筋肉量を増やしたい方の場合は、1つのエクササイズでより多くの筋肉が動員されることは、目的達成のために有効です。

日常動作を改善したい一般の方や、競技力を向上させたいアスリートの方にとっても、姿勢を安定させた状態で筋力を発揮する能力が向上することは、とても大切な要素になるため、フリーウェイトトレーニングがオススメです。

* 。*。 *。 * 。* 。* 。* 。* 。*。 * 。*。 *。

※ご予約&お問い合わせ

・ Instagram DM belief_furukawa_gym

・LINE @ @293waysa

・ホームページ 問い合わせフォーム

*************************

大阪府豊能郡豊能町新光風台2-20-10

当店専用駐車場1台有り徒歩1分

お電話072-738-6096

最寄駅 能勢電鉄線 光風台駅

*************************


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アミノ酸スコアってなに⁈

食事においてタンパク質を摂る際には、できるだけ良質なタンパク質を含んでいる食材を選ぶことが重要です。 良質なタンパク質を選ぶ基準として、肉や魚介類、大豆食品、卵、乳製品などがあります。 ただし、タンパク質の含有量だけではなく、良質なタンパク質かどうかを判断する際には、アミノ酸スコアという指標も覚えておくと良いでしょう。 アミノ酸スコアは、体内で十分に合成されない必須アミノ酸の含有率を算出し、点数化

6周年

6周年🎊 開業6周年を迎えることができ、心から感謝の気持ちでいっぱいです。 おかげさまで、この6年間は多くの困難や挑戦に立ち向かいながらも、夢を実現するための貴重な時間となりました。 皆さまのご信頼を胸に、これからも一層のサービス向上、進化し続ける事に努め、お客様の満足と幸せを追求してまいります。 心からの感謝とともに、改めて皆さまに御礼申し上げます。今後ともよろしくお願い申し上げます。 インス

Comments


bottom of page