top of page
  • 執筆者の写真BFG null

左右の筋力差をどう治す⁈


両側性エクササイズで高重量を扱い負荷をかけたあと、片側性エクササイズで左右別々に動かすことにより、弱い側にもしっかり負荷をかけることができます。

たとえば、両側性エクササイズであるベンチプレスのセットの後半に弱い非利き腕が先に疲労してきたときは、利き腕ががんばることで1本につながっているバーベルを挙げることができます。

しかし、片腕で行う片側性エクササイズのワンハンドダンベルプレスを行った場合には、非利き腕が疲労しても利き腕が非利き腕を助けることはできません。

これを利用して、ワンハンドダンベルプレスでは弱い側を重点的に鍛えることが可能です。

たとえば、両腕で同じ重量を用いて非利き腕から先に行い、最大努力で反復できた回数を利き腕でも行います。

利き腕ではもっと多くの回数ができると思いますが、非利き腕と同じ回数で終了して構いません。

こうすることで、弱い側(非利き腕)と強い側(利き腕)の筋力差を近づけることが可能です。


💡身体の柔軟性のアンバランス差、身体の歪みから筋力の出力差が一向に縮まらないケースなども考えられます👍🏻


お問い合わせ、体験、ご入会お待ちしております。

【完全予約制】

インスタグラム


ライン@


ホームページ




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アミノ酸スコアってなに⁈

食事においてタンパク質を摂る際には、できるだけ良質なタンパク質を含んでいる食材を選ぶことが重要です。 良質なタンパク質を選ぶ基準として、肉や魚介類、大豆食品、卵、乳製品などがあります。 ただし、タンパク質の含有量だけではなく、良質なタンパク質かどうかを判断する際には、アミノ酸スコアという指標も覚えておくと良いでしょう。 アミノ酸スコアは、体内で十分に合成されない必須アミノ酸の含有率を算出し、点数化

三大栄養素について

皆さん、こんにちは! 更新頻度が低くてすいません🥺 本日は三大栄養素の働きについてです。 三大栄養素の働き 人間にとって最も重要な栄養素は、糖質(炭水化物)、脂質、タンパク質の三大栄養素です。 食事の摂取カロリーは、これらの栄養素のカロリーの合計で計算されます。 三大栄養素はエネルギー源として機能します。 三大栄養素である「糖質、脂質、タンパク質」は、それぞれ共通の役割と異なる働きを持っています

Comments


bottom of page